Node-REDからの移行方法

通常candy-pi-lite-serviceをインストールすると、プリインストールされているNode-REDはアンインストールされます。これは、CANDY REDをインストールするときに、プリインストールされているNode.jsも更新するためです。

注意:RASPBIAN STRETCH LITEやTinker OSをお使いの場合には、もともとNode-REDは含まれておりません

一見、Node-REDが使えなくなってしまうようですが、CANDY REDはNode-REDがベースとなっていますので、Node-REDの代わりとしてそのままお使いいただけます。また、GUIをお使いの場合、スタートメニューのProgrammingの項目からNode-REDを起動できなくなりますが、CANDY REDはOSが起動された時に自動的に開始されます。

このため、メニューから明示的にスタートを行う必要はありません。

しかし、Node-REDで作成されたフローや、追加されたノードをお持ちの場合は、CANDY REDでも使えるようにするため、データ移行の手順を実施する必要があります。

フローの移行

フローの移行には2つの方法があります。一つは、ブラウザーでフローのインポート(Import)を行う方法、もう一つはコマンドラインで実行する方法です。ここでは、後者の方法を紹介します。

ラズパイにSSHでログインまたは、デスクトップ画面からLXTerminal(スタートメニューのSystem Toolsから選択できます)を起動し、以下のコマンドを実行してください。パスワードを聞かれたら、ラズパイのログインに使用したパスワードを入力してください。

[email protected]: ~ $ sudo cp ~/.node-red/flows_${HOST_NAME}.json \
/opt/candy-red/.node-red/flows_candy-red.json

([email protected]: ~ $は入力する必要はありません)

このコマンドにより、Node-REDが作成したフローファイルをCANDY REDが利用するファイルの場所にコピーすることができます。

ノードの移行

Node-REDにプリインストールされていないノードを追加していた場合、CANDY REDにも追加する必要があります。Node-REDで行った場合と同じように、npmコマンドを使います。違いは、コマンドを実行するディレクトリーとsudo--unsafe-permを用いることです。--unsafe-permは、全てのノードで必要になるとは限りませんが、ノードの種類によってはファイルのコピーにおいてエラーとなる場合がありますので、指定するようにしてください。

以下では、node-red-contrib-slackをCANDY REDに追加する例を示します。

[email protected]: ~ $ cd /opt/candy-red/.node-red
[email protected]: /opt/candy-red/.node-red $ sudo npm install --unsafe-perm node-red-contrib-slack
[email protected]: /opt/candy-red/.node-red $ sudo systemctl restart candy-red

インストールしたノードを有効にするために、サービスを起動しなおす必要があります。これを上記3行目で行っています。単純に再起動する方法でも問題ありません。

CANDY REDでのノード追加について

今後CANDY REDで新しいノードを追加するときは、上記のように/opt/candy-red/.node-redディレクトリーでsudo--unsafe-permをつけてインストールを行う必要があります。通常のドキュメントでは、Node-RED向けのディレクトリー~/.node-redで説明がありますので読み替えるようにお願いいたします。

詳細については、CANDY REDでのノード設定をご覧ください。

results matching ""

    No results matching ""